明治は定着していた「イソジン」の名を変更する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

うがい薬といえば、「イソジン」と明治の名より定着していた名前を変更することになった。

昔から風邪予防に使用するうがい薬はイソジンだったから、名前が無くなるのは寂しい。
今後もイソジンといえば、うがい薬と思うだろうが、これから生まれてくる子たちは、そのうちイソジンと言ってもなんのこっちゃ意味がわからなくなるんだろうけど。

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、一般用医薬品「明治うがい薬」を、2016年4月1日から全国で発売します。明治グループはこれまで、「イソジン®」ブランドの日本国内における製造販売権を取得し、50余年にわたり、ポビドンヨード製剤の製造販売を行ってまいりました。1961年に明治製菓株式会社が医療用外用消毒剤「イソジン®」製品の承認を取得して以来、消毒剤の適正使用に関する情報提供に努め、感染対策に関する豊富な知見を蓄積しております。また、一般向けには、小学生に対してうがい・手洗い教室を実施するなど、正しいうがい方法やうがい薬の普及により、のどの殺菌・消毒による日本独特の「うがい文化」を定着させてまいりました。

この度、明治グループとしてイソジン®製剤の製造販売権をムンディファーマ株式会社へ移管することに合意したことを受け、これまで蓄積した知見を生かして、株式会社 明治より「明治うがい薬」およびシリーズ各製品(合計12品)を新たに販売いたします。

明治 うがい薬
(明治ホームページより引用)

2016年4月1日から「明治イソジン」から「明治うがい薬」とイソジンの名が消えることになる。

今後はイソジンという名は他の会社が使うのかな?

明治のイソジンで定着している特徴の「カバくん」はパッケージに残るということなので、ドラックストアでは見つけやすいかな。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336