公道を走るマリカー(マリオカート)個人じゃなかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

マリオカートって個人じゃなくて商売だった

マリオカートはテレビやSNSで話題になってたけど、これ個人じゃなくて商売だったということがわかりました。

これは任天堂に怒られちゃうでしょう。

任天堂(京都市)は2月24日、公道カートのレンタル会社「株式会社マリカー」が、マリオなどのキャラクターの衣装を貸し出したうえで、その画像を許諾なしに宣伝・営業に利用し、著作権などを侵害しているとして、損害賠償1000万円(一部請求)を求めて東京地裁に提訴した。(弁護士ドットコム)

任天堂もいきなり訴えたわけではなく、警告してきたそうですね。だけど、株式会社マリカーから誠意のある回答が得られなかったので今回の提訴に踏み切ったといいます。

これ個人でやってると思ってました。テレビでも紹介されてて気合いの入ってる人達だなって思ってんですが、まさかのレンタルカートで商売としてやっていたとは思いませんでしたね。

この会社はもう終わりだろうね。任天堂が許可を出すわけないだろうし、今後はただのレンタルカートとしてやるのか。ただマリオカートのコスプレだから人気だったわけであり、ただのレンタルカートなら誰も乗らないかもね。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336