小諸市動物園で臨時職員の女性22歳が清掃中にライオンにかまれ重症

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

26日午前9時35分ごろ、長野県小諸市丁の小諸市動物園から、「飼育員の女性がライオンにかまれた」と消防に通報があった。

ライオンにかまれ重症、臨時職員の女性(22歳)が胸や脚などをかまれて病院に搬送され、重症のもよう。

小諸市動物園 職員ライオンにかまれる原因は扉の閉め忘れ?

県警小諸署や消防によると、女性は午前9時半ごろ、園内で飼育しているライオン(雌、15歳)のおりを1人で清掃中にかまれた。

目撃した来園者から連絡を受け、駆け付けた他の職員が女性からライオンを引き離したという。動物園は午前8時半に開園していた。ライオンはおりから出ていない。

市によると清掃作業中はライオンを隔離することになっているという。発見時に扉が開いていたとの情報があり、同署が詳しい状況を調べている。

スポンサーリンク
広告336

なぜ1人で清掃?

ライオンは絶対に人にはなつかない。なぜ1人で清掃をしていたのか。最低でも2人で作業し安全を確認しなければいけないと思う。

猛獣を取り扱っているということを忘れてはいけない。そして扉も2重にする必要があるのではないのか?もう少し設備の安全性を見直さなければこのような事故がまた起きてしまう。

この前も動物プロダクションでライオンにかまれたという事故があったばかりだったのに危険という認識はないのだろうか。

小諸市動物園のホームページで確認すると「小諸市動物園はライオンによる咬傷事故が発生したため現在休園しております。」と、小諸市動物園の休園についてお知らせがある。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする