伝統工芸品「鳴子漆器」宮城・鳴子 イッピン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NHK「イッピン」放送からの情報です。

「湯の里の漆器 宮城・鳴子漆器」です。

宮城の鳴子といえば「こけし」が有名ですが、もう一つの伝統的工芸品が「鳴子漆器」です。

美しさ、軽さ、丈夫さなど、個性を競い合う、凄腕の職人たちに安田美沙子さんが迫ります。

スポンサーリンク
広告336

伝統工芸品「鳴子漆器」宮城・鳴子

江戸時代、温泉が有名になるにつれ、こけしとともに土産物として発展してきました。今は、その道50年以上の名工たちが腕を競い合う。秘技「タバコ塗り」が生み出す神秘的な模様のキャンドルホルダー。

古代の「乾漆」技法をアレンジして作る、驚くほど軽い器。膨大な手間をかける、つややかで丈夫な器など、鳴子漆器の魅力に安田美沙子さんが迫りました。

鳴子漆器 乾漆 佐藤漆工房

飲みきりサイズでビールを美味しく和のテイストで ビアカップ 鳴子漆器 乾漆 黒


美しさ、優しさ、本当の良いものを。漆を愛する佐藤漆工房がおくる逸品です。宮城県大崎市鳴子地方に伝わる伝統の技。佐藤漆工房の代表 佐藤建夫がその心を込めた作品です。

海外では漆はJapanと呼ばれ、その器(漆器)はJapan Wereと呼ばれ、海外では人気の日本の工芸品です。麻布を芯材として、その生地を生かしつつ、下地塗り→中塗り2回、上塗りと何度も漆を塗り重ね、手間暇かけて作られたビアカップです。

また、本物の漆ですので補修が可能です。ひび割れ、欠けた場合はご相談できます。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする