【あさチャン】マツコ推薦!カレー研究家 一条もんこ もんこ特製「和風ダシチキンカレー」レシピ 紹介されたお店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あさチャン(2017年5月25日放送)

今日のアサトクは、マツコの知らない世界コラボで、マツコ推薦のカレー研究家がこの夏食べたい!激うまカレーを紹介!

紹介してくれるのは1日3食カレーを食べる女「一条もんこ」(39歳)さんです。

カレー研究家 一条もんこ マツコ推薦 あさチャン レシピ おすすめの店

なんと巡ったカレー店は1,000店舗以上だというスパイシーな女性だ。

現在は、さまざまなイベントや講演で活躍中!

番組では「一条もんこ」さんが、この夏食べたい!激うまカレーを、そして、前回レトルトカレーをアレンジして作るバターチキンカレーが不評だったので、今回は「私はあのバターチキンカレーだけを作っているわけじゃないということを本業はこっちだということを夏目さんにアピールしたいと思ってる」と、もんこさんこん身の簡単・激うまカレーレシピも紹介!リベンジなるか!?

スポンサーリンク
広告336

一条もんこ「この夏食べたい!激うまカレー」

今、スリランカカレーが熱いんだとか!日本人の口にすごく合うそうです!

こちらのお店にやってきました。

Taprobane(タップロボーン)東京・港区 南青山

住所:東京都港区南青山2丁目2-15ウィン青山1F
電話:03-3405-1448
<日曜定休>

こちらのお店はスリランカ料理専門店です。

紹介されたメニューは?

一条もんこ スリランカ料理 タップロボーン ライス&カレーワンプレート あさチャン 南青山・場所

  • ライス&カレーワンプレート(サラダ付き) 1,080円

いろんなものが乗っているカレー。このワンプレートでこれだけの野菜とお肉が食べられる。

伊東楓アナが食べた感想は「う~ん。おいし~い!トゲもないし、うまみとコクがすごいですね!トゲwあまりカレーでトゲを感じたことがない、一体どんなカレーを食べてきたんだろうか。

実はこれ、日本でいう「かつお節」のようなモルディブフィッシュという魚から出たダシの味なんだそうです。

スリランカは、日本同様に周囲を海に囲まれた島国で似たような食文化も共通する部分があります。料理の際にかつお節に似たモルディブフィッシュ(ハガツオという魚)を燻製、乾燥させた食材でダシをとります。

スリランカカレーは、カツオ出汁の味になれている日本人の口に合うというわけです。

般゜若(パンニャ) 東京・世田谷区

住所:東京都世田谷区北沢3-23-23下北沢シティハウスII 1F
電話:03-3485-4548
<水曜定休>

一条もんこさん推薦、このお店「スパイス」と「ダシ」を組み合わせた絶品のカレーが食べられる。

さらに、ここのカレーを初めて食べたときからやみつきになって、あまりにも好きすぎてたまにここで働かせてもらってるそうです。

一条もんこ パンニャ マハーカツカレー イカスミ 東京・下北沢・場所

  • マハーカツカレー 1,520円

カツが黒いです。焦げたわけではありません。このカツはイカスミの衣です。

女子アナの食べた感想は「(ルウが)サラサラなんですけど、コクしっかりありますね!」。

このうまみの正体は、実は鶏ガラと野菜でとってるんです。

鶏ガラ、タマネギ、キャベツなどの野菜をじっくり煮込んでとったダシをカレーに使用している。

真っ黒なカツは、イカスミの香りがしっかりしているそうです。

一条もんこ パンニャ 野菜カレー 東京・下北沢・場所

  • 野菜カレー 1,080円

女子アナの食べた感想は「優しいお味に変わりました」。

使っているダシは、昆布とシイタケ。野菜カレーに「昆布」と「干しシイタケ」からとったダシを加え、うまみをアップ。隠し味に「梅干し」を加えることで「酸味」もプラス。

「一条もんこ」さんが作るこん身のカレー、もんこ特製『和風ダシ チキンカレー』レシピ

一条もんこ こん身のカレー もんこ特製 和風ダシ チキンカレー 作り方・材料・料理レシピ あさチャン

「一条もんこ」さん、こん身のカレー

ダシとスパイスを使って家庭でおいしいカレーを作っちゃおうと思います。

おうちで楽しめる!簡単「スパイス」+「ダシ」カレー。

材料(4人前)

・カツオと昆布の合わせだし 600cc
・鶏もも肉 2枚
・めんつゆ 大さじ1杯
・バター40g
・クミンシード 大さじ1杯
・たまねぎ600g
・にんにくすりおろし 大さじ1杯
・しょうがすりおろし 大さじ1杯
・塩 小さじ2杯
・ヨーグルト 100g
・トマトピューレ 200g
・カレーパウダー 大さじ4杯
・ガラムマサラ 大さじ1杯

作り方

(1)昆布とカツオ節で合わせ出汁をとって冷ましておく。
(2)ぶつ切りにした鶏肉に、めんつゆで下味をつける。
(3)鍋でバターとクミンを焦がさないよう弱火で炒め、
香りが出てきたら、玉ねぎを加えきつね色になるまで炒める。
(4)にんにくとしょうがを加えさらに炒め、香りが立ったら、いったん火を止める。
(5)そこに、最初にとって冷ましておいた出汁を加える。
(6)火を止めたままの状態で鶏肉など、ガラムマサラ以外の全ての材料を入れたら、中火で煮込む。
(7)鍋が再び沸騰し、5分ほど煮込んだら、ガラムマサラを加えて、混ぜ合わせたら完成。

(出典:あさチャンHP

コクがあってお店のカレーの出来上がり、夏目さんも美味しいと絶賛していました。こんなカレーが家で作れるならやってみたいです。