海外で、ひじきが危険!?なぜ?理由は?無機ヒ素を大量摂取の影響は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本では当たり前に食べられている「ひじき」ですが、海外では危険と認定されているようです。

無機ヒ素?ひじきが海外で危険といわれる理由は?

2004年、イギリスの食品企画庁(FSA)は、ひじきに含まれる無機ヒ素が人体に悪影響を及ぼすとして「あえて食べないよう勧告する」と発表。カナダ、オーストラリア、香港などでも同様に勧告がなされた。

スポンサーリンク
広告336

無機ヒ素を摂取でどんな影響があるのか?

無機ヒ素を長期的に大量摂取すると、人体にどのような影響があるのか。内閣府食品安全委員会の報告によれば、ガン、皮膚病変、発達神経への影響、心血管疾患などを引き起こす可能性もあるそうです。

厚生労働省に問い合わせると?

調査が不十分なので評価できませんが、一般的に毒性があるといわれているので、大量に摂取するのは好ましくない。具体的にどの程度の量が危険なのかについては、まだ何とも言えない状況だといいます。

イギリスの勧告が出てから既に13年たったが、いまだに適正摂取量の数値すら出ていないそうです。(参考サイト=週刊SPA!)

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする