福島第二原発3号機 使用済み核燃料プールの冷却装置停止 原因 状況は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震があり、この地震で気象庁は、福島県沿岸に津波警報を発表しました。

東京電力によりますと、福島第二原子力発電所の3号機の使用済み核燃料プールの冷却装置が停止している状態だということで、現在、東京電力が詳しい状況の確認を進めています。3号機の使用済み核燃料のプールには2544体の核燃料が貯蔵されているということです。

冷却装置が停止しているとさらりと言ってるけど大丈夫なのかな?

津波観測されています。警戒して下さい。

福島 南相馬市全域に避難指示11月22日 7時26分
福島・楢葉町 沿岸部に避難指示11月22日 7時24分
茨城 神栖の沖合で津波を観測11月22日 7時15分
宮城 山元町沿岸部に避難指示11月22日 7時14分
福島・広野町 沿岸地域に避難指示11月22日 7時14分
東北新幹線 運転再開11月22日 6時41分

この地震で、福島県と茨城県、栃木県で震度5弱の揺れを観測したほか、東北と関東、それに新潟県の各地で震度4の揺れを観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定されています。

スポンサーリンク
広告336
広告336
ブログ村に参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336