東京べったら漬【ズムサタ】東京新高屋 今日ナニ食堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ズームインサタデー(ズムサタ)2017年4月29日放送

今日ナニ食べたい食堂は、おいしい漬物です。

東京べったら漬 ズムサタ 東京新高屋 お取り寄せ

きょうナニたべたい食堂のプレゼントに選ばれたのは「東京べったら漬」でした。当たるといいですね。

スポンサーリンク
広告336

東京べったら漬 東京新高屋

べったら漬の歴史は古くは、江戸時代中期までさかのぼります。大伝馬町宝田恵比寿神社例祭の市に、百姓が飴や糀で漬けた大根を浅漬と称して売り始めたのが最初だといいます。

その時代の若者は買った浅漬大根を縄でしばり振り回しながら、、参詣の着飾った娘たちに「べったらだー、べったらだー」と囃したて、 戯れ、追いかけたことから、「べったら漬」の呼名になったと伝えられております。独特の香りと味わいがもてはやされ、第15代将軍徳川慶喜公も好んで食べたというお漬物だそうです。

ネットで注文、お取り寄せが可能です。

楽天市場 東京べったら漬 にいたか屋伝統の味

Amazon 新高屋 東京べったら漬

Yahoo!ショッピング 東京べったら漬 新高屋

昭和天皇も好んで食べていたという東京べったら漬(新高屋)です。この時期は主に宮崎県産の春神楽という春の大根で作るそうです。

春の大根の特徴は、水分量が多く雑味が少ない。

低温熟成でじっくりねかせて仕上げてあります。国内産大根・米糀使用。

米糀とは、ふかした米と糀を混ぜて作ったもの。
低温熟成とは、大根の歯切れの良い歯ごたえを残しつつさわやかな甘みを芯まで漬け込むために、0℃~5℃の低温で熟成する。

商品名:東京べったら漬
メーカー:東京新高屋