セブンイレブン バイト病欠の女子高生に罰金 店舗どこ?ブラックバイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブラックバイトが身近に。

いつも利用しているセブンイレブンだが、ひとたびにバイトをしようものなら鬼となる店だった。

セブンイレブン罰金 女子高生 店舗はどこ?
※写真はイメージです。実際の店舗と関係ありません。

アルバイトをした16歳の女子高生が風邪で2日間欠勤したとして9,350円の罰金をとっていたのだ。

罰金をとったのは、東京都武蔵野市にあるセブンイレブン加盟店だ。

スポンサーリンク
広告336

ペナルティー罰金は9,350円

給料明細では実際に働いた25時間分の給料23,375円が書かれていたが、そこから9,350円が差し引かれ手書きで「ペナルティー」などと書かれたメモが貼られていたという。

女子高生の母親は不審に思い店側に説明を求めた。すると店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」と説明した。

セブン&アイホールディングスは、労働基準法違反に当たるとして店に返金を指示し、「大変申し訳ない。法令順守を徹底します」と謝罪した。

ブラックバイトですね。本社はこのような加盟店に苦労しますね。罰金をとるとは酷い。そもそも「バイトを休むなら代わりを探しなさい」という規約があるのか?働いた分だけ報酬がもらえるのであって、働いた分からペナルティーとしてお金を引かれるということには驚きですね。

それも手書きでというのはそのペナルティー分は店長の懐に入るのでしょうかね?

店舗側の当てにしていた社員がいきなり休むというのは迷惑だというのはわかるし、人件費の問題で多くを雇えないのもわかるけど、正社員ならともかくバイトで運営が厳しくなる体制にしておくのも問題な気がする。

人員確保というのは店長の技量であって、このような急な欠員のための準備をしていないというのも問題なのでは?店番ならすぐ働ける人は結構いると思うよ。

このような時のためのネットワークを店は作っておかなければブラックバイトは減らないと思いますね。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする