1本10円の自動販売機はどこにある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

衝撃の1本10円の飲料を販売する自動販売機がある。
それは、大阪市福島区にあるという。

なんと10本以上のまとめ買いをする強者もいるとか。

10円販売機
※イメージ

スポンサーリンク
広告336

もったいな精神で

シュース1本10円になぜできる?
まず缶ジュースが1本10円という破格はなぜできるのだろう。
まず、ありえないこと。

そこで格安のカラクリがあった。
賞味期限が迫るなどした不良在庫品を利益度外視で価格設定してあるという。

確かに、このまま捨てられていくなら格安価格でも飲まれた方がいいに決っている。

そして、自販機で購入した缶ジュースはいつ飲むだろうか。
通常は、その場で飲むか、数週間のうちには飲むだろう。

だから、「賞味期限があと少ししかない」でもぜんぜんいいのだ。

安く買えてうれしい

大人も嬉しいがお金のない学生にはとても重宝されているに違いない。

この自販機を設置してくれるのが、主に食料品や飲料を取り扱う卸売業者「大阪地卵」。
そこの釜坂晃司社長(55)が「賞味期限が迫った飲料を安く売れば売れるのでは…」と思ったそうだ。

なんと4年も前から設置しているという。
地元では、話題になっていただろうが、こうして全国に話題になるのは最近なのだろうか。

いや、ちらほらテレビでは観たことはあった。
しかし、10円では利益はないだろうし、このまま続けていくのはもう社長の男気だけだろう。

こうして考えると全国で今日も賞味期限で廃棄される物がたくさんあることも事実。

少しでも捨てることがないように、釜坂社長のような企業が増えたらいいのにと思ったりする。

40本近くまとめ買い

さすがに買いすぎではないのかと思うが、40本でも400円だから驚きの価格だということがわかります。

これはあっという間にこの日の分は無くなりそうですね。
何が出るかわからないが10円の自販機があったら買ってみたい。

どこの変なメーカーのものでもないそうだし、通常は120円程で売っているのだろうからお得ですね。

もったいな精神の輪が広がらないかな~と期待する。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする